予想損益資金繰り

予想損益資金繰りの全体構造

更新日:

1. 一枚のシートで

予想損益資金繰りの作業は、Excelで十分できます。一枚のsheetに全部の表を収めたほうが使いやすいと思います。

このマニュアルのサンプルデータは下記のように表現しています。

ちょうどホワイトボードにどんどん書き足していくような感じです。

一枚のsheetがいい理由は、

①実績値からの係数はサンプルデータでは季節変動指数を使っていますが、意外と新たな見方が必要になり、別の係数を使ったほうが良い場合がある。

②来期検討与件の売上計画や仕入計画は、商品別や品種別などアイテムの捉え方を再検討する場合が意外と多い。

③Excelのセルのリンクがやりやすい。

などでしょうか。ある程度個人的な好みになりますが。

毎期の通常業務での経理予想では与件パターンが決まっていますので、各表の大きさによりsheetを分けてもいいかもしれません。

しかし、新規事業やプロジェクトの場合は考えながらExcelに表現しますので、一枚のsheetの方が便利です。

2. 全体構造の内容

予想損益資金繰りの構造は、まず大きく実績値エリアと予想値エリアに分かれています。

実績値エリアはあなたの会社や顧問先の月次試算表のデータで、損益計算書と貸借対照表を月別に並べたものです。一般会計をベースとしているので、また、最低限これくらいのデータがないと話になりません。

サンプルデータでは2期分のデータしかないですが、3期分あれば尚良いです。銀行などからの借入金があれば設定時に月別の支払予定明細が来るので、それも必要です。

実績値からの係数では、季節変動指数や経費の固定費変動費分析が使われます。月次試算表のデータから求められるもので、予想値を算出するときにベースとなるものです。

場合によっては他のものも必要になるかもしれませんが、あくまで売上高の流れと費用の流れを関連づけるものでなければなりません。

来期検討与件で一般的な予算作成の項目を検討します。この中で一番注意するのは、売上計画です。

サンプルデータでは、簡単に年間目標を入れていますがこの数値を導き出すのが難しいところです。

単に、商品構成(例えば、A商品・B商品など)や部門別を使えばすぐ損益計算書の売上高を説明できればいいのですが、業種や販売形態により複雑です。月の売上高をどう細分化すれば予算作成につなぎやすいのか、またシュミレーションしやすいのかを考える必要があります。

仕入計画その他の与件は売上計画が埋まれば、比較的楽に作成できます。

ダウンロード用サンプルデータでは、あくまで簡略化していますので実際には設備計画などが多少増えるかもしれませんが、有形固定資産の勘定科目と減価償却費の計算なので複雑さはないです。

予想値エリアに予想損益計算書と予想資金繰り表があります。

ここが、メインのエリアです。                           予想損益計算書は実績の勘定科目と合わせ、各月の科目の数値を自動計算させます。そこで収支を判断し赤字が出る月があればどうするかを検討するのです。

予想資金繰り表は予想損益計算書の関連から、資金がどう変化するかを見ることができます。

3. 会計ソフトの実績資金繰り表の欠点

予想値エリアで初めて資金繰り表が出てきました。

実績値エリアで資金繰り表を使わないのは、パソコンソフトや会計事務所添付の資金繰り表が使いにくく分かりにくいからです。

それは、一般会計の複合仕訳で資金繰り科目をうまく表現できないという点にあります。

しかし、予想では資金ショートの時期を判断させるのが大きい目的なので重要になってきます。

これから先の具体的処理は、予想損益資金繰りマニュアルをご覧ください。

-予想損益資金繰り

Translate »

Copyright© TAKICOPY , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.