予想損益資金繰り

経営者の不安は資金

更新日:

1. 経営者の不安の一つ

(独)中小企業基盤整備機構のホームページ(平成29年度4月現在)の「経営者の悩みTOP5」からすると、お金の話はその4番目になっていました。

4.運転資金どうにかならないか・・・

本来、売上が順調であれば「資金」についても問題はありません。

しかし、儲かっても資金をうまく管理しないと、俗に言う黒字倒産となってしまいます。

また、経営には波があり、いつもいい時はありません。

悪くなると、すぐに資金ショートとなります。

そうした経営の浮き沈みを、如実に表すのが「お金」つまり資金です。

ある銀行出身の知り合いは、「お金は嘘をつかない」と言いていました。

売上は表・資金は裏。

経営活動の表裏で、資金は裏面です。

それは、会計の仕訳でも複式簿記を使われていることからはっきりしています。

2. 歳とった経理マンは嫌われる

早期退職となった私の経験です。

再就職で多くの会社の面接を受けました。ハローワークの指示書の印が複数ページに真っ赤になりました。

自己アピールの資格欄には、

・日商簿記1級と税理士簿記論合格(40年近く前ですが)

です。特に経理は自信ありました。サラリーマンも30年勤めました。

しかし、面接は全部不可でした。

最終面接で言われたのは、

「経理のプロはいらない。日商3級程度の女性が希望」

とのことです。

共通していました。

なぜか。経理はどうしても、会社のお金を動かします。ある部分、経理知識とそのテクニックを持つことになります。

小さくても会社となれば、事務所の金庫に100万円以上の現金は保有されているでしょう。

何か不正を思いつくかもしれません。

世の中、数多の経理事件がニュースに出ます。

この不正を監視するために、会計学があるのですが、逆に使う人がいます。

そうした、恐れが経営者にはつきまといます。

また、私も資金ショートを起こしそうな会社へ採用され、資金繰りに奔走される目には会いたくありません。

こちらからお断りしました。

3. 資金繰りに苦労しない方法

では、私のお客にはどうするか。

コンテンツマーケティングで売上増を狙っても、資金でつまずく会社にはなって欲しくありません。

資金不足は多くの不幸を生みます。

そこで、「予想損益資金繰り」をもう一つのサービスとしているわけです。

基本マニュアルは、無料ダウンロードできるようにしてあります。

-予想損益資金繰り

Translate »

Copyright© TAKICOPY , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.