「斜めの視点」 一覧

歴史ビジネスは田舎ビジネス向き

2018/05/17   -斜めの視点
 

田舎は昔から田舎である 以前にも書いたが、人口減少による地方の田舎の高齢化は既に解消できない。 それによる、産業の衰退はここ近年に始まったことではなく、今世紀初頭1990年代には言われていたことである ...

USPについて

1. USPを考える USP(Unique Selling Propositionの略)は、どのマーケティングの本にも載っています。 ・自社独自の売り ・思わず引き込まれるようなメッセージ ・ライバル ...

店の名前が知れ渡る

1. 小さな店の名前が知れ渡るには ロゴも店名も決め、次は何をしたら良いでしょう。 宣伝活動ですね。 ひと昔前では、新聞折込チラシをよく使っていました。 それが一番効果あったのです。 例えば、新規オー ...

商売にロゴは必須です

1. 小さな会社はどうマーケティングする フィリップ・コトラーのマーケティングを読めば、マーケティングは大会社の理論であって小さな会社には向かないと思えて仕方がない。 実例の写真やコラムは、TVのCM ...

今さら個性とかオンリー・ワンとか(2)

1. エジソンでなくて良い 20年近く前ですが、県にエジソン助成金という制度がありました。補助金の名前は正確ではないですが、エジソンはあっています。 どういうものかというと、特許を取れるレベルのノウハ ...

今さら個性とかオンリー・ワンとか(1)

1. 個性で食ってゆけない時代もあった 近年は教育においても経営においても個性が重視されます。 今頃こんな話を出してもおかしいのですが、私の学生時代(小学校から大学にかけて50年以上前ですが)個性など ...

近くの行政のマーケティング

1. マーケティングついでに 「マーケティングはいたるところに存在する」はフィリップ・コトラー言葉です。 当然行政機関にも存在します。田舎の市町村なら余計のこと、税収入が少ないですから会社と同じように ...

初めのマーケティング理論(2)

1. 五感を満たす 次は「五感を満たす」です。この論は、かつて旅館ホテルの社員時代にそのオーナーがよく言っていました。 「人間には視覚・臭覚・聴覚・味覚・触覚の五感がある。それを全部良いと思わせればお ...

初めのマーケティング理論(1)

1. マーケティングを学ぶわけ 前回マーケティングの話が出たので、ここでは少しマーケティングについて話して見ます。 サイトにも書きましたが、学術的にマーケティング論を話すとコンサルタントのレポートみた ...

問題とマーケティング

2017/12/21   -斜めの視点
 

1. 社員の問題意識 会社員時代は「常に問題意識をもて」と言われ続けました。友人や知り合いの会社員も同じです。 経営者はいつも商売のまた新商品のヒントを求めているからです。 元京セラ会長の稲盛氏も「問 ...

Translate »

Copyright© TAKICOPY , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.